「南蛮音楽」~イベリア半島から日本への音楽の旅~ 「ラ・フォリア」日本ツアー
30/04/2018
リコーダー奏者であるペドロ・ボネとベレン・ゴンサレス・カスターニョのデュオで演奏する「ラ・フォリア」日本ツアーが515日から21日まで開催されます。ツアー最終日の521日は、スペイン大使館にて午後6時からコンサートが行われます。
「南蛮音楽~イベリア半島から日本への音楽の旅~」と題したプログラムで、16 世紀から 18 世紀にかけての歴史的な楽器の複製である異なるタイプと音域の20本のリコーダーで演奏されます。
コンサート・イベント日程と会場:
·         2018 5 15 日(火)
聖フィリッポ教会 - 日本二十六聖人記念館
19: 00 コンサート
·         2018 5 17 日(木)
神戸女学院
11: 40 コンサート(講堂)
13: 20 マスター・クラス(合奏室)
·         2018 5 18 日(金)
京都市立芸術大学・講堂
18: 30 マスタークラス
19: 20 コンサート
·         2018 5 21 日(月)
駐日スペイン大使館、オーディトリウム
18: 00 コンサート
後援:スペイン教育文化スポーツ省文化対外協力推進課、スペイン分化活動公社(AC/E
奏者からのメッセージ:
1543 年に、台風のためポルトガルの商人たちが種子島に漂着し、初めて日本にヨーロッパ人が渡来しました。南方からやって来た外国人は「南蛮」と呼ばれ、また彼らとの交流を反映した芸術も同じく「南蛮」と呼ばれました。その交流は、島原の乱(1637 の後、鎖国令が発せられるまで、一世紀あまり続きました。鎖国から明治時代に至るまで、西洋との唯一の接点は、長崎の人工島・出島で例外的に活動を認められたオランダ商館のみとなりました。
「南蛮音楽」と題するこのプログラムは、15 世紀末以降スペイン人とポルトガル人が発見した東方航路に関わりのある楽曲を紹介します。マドリードでスペイン王兼ポルトガル王に、ローマで法王に謁見するために日本から派遣された二つの使節団も同じ海路を辿りました。天正遣欧使節1582-1590と慶長遣欧使節1613-1620には、イエズス会を始めとする諸会派の活発な存在がありました。その目的はキリスト教の布教で、イエズス会創設者の聖フランシスコ・ザビエルは 1549 年から 1551 年まで日本に在住しました。当初は布教が容認されていましたが、徳川幕府はこれを許さず、1639 年に鎖国されました。
スペイン人バエナの作品は1540 年にリスボンで発表されました。当時のポルトガル航路は、同地から日本に向かうルートで、天正遣欧使節も同じルートを逆航路で辿りました。この海路は大西洋を南に向かい、アフリカ最南端の喜望峰を周り、インド洋を
渡り、さらに東方へ向かった後、マラッカ海峡からシナ海に入って、要衝のマカオがある中国大陸にたどりつきました。
マドリード近郊エル・エスコリアルでスペイン国王を訪問した後、ローマへ向かう途中、天正使節はマントヴァ公国で歓待を受けます。ガストルディはこの宮廷に仕えた主要な音楽家です。イタリア人ロカテッリの楽曲は 1759 年のメキシコの手稿譜によります。ヌエバ・エスパーニャの首都であったメキシコ・シティはスペインルートの中心であり、第二の使節団、慶長遣欧使節がヨーロッパへ向かう経由地でした。船団はスペイン南部アンダルシアの沿岸から西へ、大西洋を渡りアメリカ大陸に向かいました。
アメリカ大陸に着くと陸路で移動、その後アカプルコからフィリピン諸島のマニラまで太平洋を横断しました。マニラは東方でのスペインの拠点であり、日本との交流の基地でもありました。ラモーと作者不詳(モンテビデオ港での女奴隷の解放を歌った〈ラ・アマブレ〉)およびコンパニョンの作品は、この航路でアフリカ沿岸からアメリカへ労働力として強制移動させられた奴隷の痛ましいドラマに結びついています。ブラヴェによってリコーダー二重奏に編曲された諸楽曲の作者であるデトゥーシュは、フランス国王ルイ14世がシャムのナーラーイ王に派遣した使節と共に 1686 年にタイを訪れました。当時、インド半島東岸のポンディシェリに、フランスは同国のインド会社の主要拠点の一つを置いていました。
ウィリアム・ハミルトン・バードは英国の音楽家で、土地の音楽家たちとインドの民衆音楽を収録し、イギリス人統治者ウォーレン・ヘイスティングスへの献辞を添えて現コルカタで発表しました。当時、ベンガル・アジア協会が設立され、また古典言語としてサンスクリットが学ばれ始めました。〈そよ風はさわやかAngin be dingin〉は、マレーの歌の題ですが、イギリス東インド会社の船長トーマス・フォレストがスマトラ北部アチェのスルタンの前で披露するために、1784 年にアルカンジェロ・コレッリの旋律に編曲したものです。同船長はミンダナオの王とデュオでメヌエットをよく演奏していたそうです。
賛美歌〈サン・ジュアンさまの歌〉は、日本のキリシタンに引き継がれたもので、キリスト教徒の殉教を扱い、その起源はイベリア半島からの布教の時代に遡ります。一方、〈さくら〉は日本の伝統的な歌で、桜が咲く春に思いを寄せます。ファン・エイクの〈戦い〉は戦闘が展開される様子を描写する器楽曲です。オランダがスペイン王国から独立する 2 年前、1646 年にアムステルダムで発表されました。島原の乱で勝利をあげ、日本からイベリア半島人を追放することに手を貸したオランダ砲兵隊を象徴するものともいえます。
1730 年代、ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルが時計師チャールズ・クレイとロンドンで協力し、吹奏管を鳴らす仕掛けを作動させる音楽時計に音楽をつけ、それが東洋に輸出されました。中国では「シンソン(ツィンツォン)」として知られ、北京の故宮コレクションに「アポロ神殿」として知られる時計が保存されています。本日のプログラムの最後にその時計が奏でるいくつかの旋律をご紹介いたします。
 

Twitter@EmbEspJapon

  • 16 nov @EmbEspJapon * ほんの小さな物でも、海洋や生物多様性の保全を脅かす大きな危険をはらんでいます。世界中で1日に10億本ものストローが使用されています。 #biodiversidad 🎏🐟🐠🎣 #AdíosPlástico 👋… https://t.co/razbh0Vtly
  • 15 nov @EmbEspJapon * 日本で活躍するスペイン人の科学者の皆さんです。知識と経験の共有を目的とした初の公式交流会が先日大使館で開催されました。彼らについての詳細はこちらを参照@AceJapon  Asociación de Científicos Esp… https://t.co/7eMMXjBLrQ
  • 15 nov @EmbEspJapon * #SomosEspaña 🇪🇸 #SomosProgreso ➡️スペインは科学的成果において世界で11位、ヨーロッパでは5位。 ➡️世界経済大国ランキングでは13位。 ➡️高速鉄道、在来線、地下鉄の設計及び建設においてトップ。… https://t.co/2B6tYQBf4T
  • 14 nov @EmbEspJapon * 新国立劇場オペラ「カルメン」 スペイン・ セビージャを舞台に繰り広げられる、魔性の女カルメンとドン・ ホセの宿命の愛のドラマ。11月23日~12月4日、新国立劇場にて上演 https://t.co/xxRe4N8oTehttps://t.co/S95U7qzZGt
  • 14 nov @EmbEspJapon * 🇪🇸🇯🇵 外交樹立150周年。これを祝し、両国が共有した歴史の最も重要な場面を集約した写真展へご招待。大使館でお待ちしています。 -11/20-12/14 -月-金10:00-17:00 -土10:00-14:00 -入場無料 E… https://t.co/ak7iuL1ece
  • 13 nov @EmbEspJapon * ジョルディ・サヴァールが中世・ルネッサンス・バロックの古楽を奏でるヴィオラ・ダ・ガンバのコンサートが東京で開催 11/22浜離宮朝日ホールhttps://t.co/9TrkMBXe2H 11/24三鷹市芸術文化センター… https://t.co/xbAyXAZrwp
  • 13 nov @EmbEspJapon * プラシド・ドミンゴと一緒にスペインワインで乾杯 🍷🍷 日本🇯🇵に、そしてスペインのどこかにある、このぶどう畑のように美しい場所に、乾杯。#VisitSpain #スペイン https://t.co/zE8I3WWgPY
  • 12 nov @EmbEspJapon * 今日は私たちの誕生日をお祝いしましょう。150年前の11月12日、スペインと日本は友好関係、貿易、航海に関する協定に署名しました。これによって様々なことを共有する有益な関係性を築く基礎が確立されたのです。詳細をこのビデオで 👇… https://t.co/wYsiN8xPyE
  • 11 nov @EmbEspJapon * Iniesta @andresiniesta8 y Torres @Torres, dos de los mejores jugadores españoles de los últimos tiempos, se rencuen… https://t.co/pzpEVHvH2t
  • 11 nov @EmbEspJapon * おはようございます。日曜を果物、オレンジジュース、オリーブオイル・トマト・ハモンセラーノを載せたパンという地中海風の美味しく健康的な朝食で始めては。カフェ・コン・レチェも一緒に #desayuno #mediterraneo… https://t.co/YRnajEHgAC
  • 10 nov @EmbEspJapon * RT @CervantesTokio: 出版発表会 ルカ・モドリッチ「永遠に気高き魂」著者によるトークはまだご予約いただけます!その後開催されるラ・リーガ講座にもこの日限定で参加いただけますよ。ぜひご参加ください!https://t.co/dQZb7ifain
  • 10 nov @EmbEspJapon * ➡️9月にスペインを訪れた観光客数は890万人。2017年の9月に比べ0.5%増加。観光客による消費額は0.7%上昇。 ➡️今年9月までにスペインを訪れた観光客数は6,620万人。2017年の同時期と互角ですが、観光客による消費額… https://t.co/EHmWpNZDuR
  • 09 nov @EmbEspJapon * 週末の予定が空いていたら、東京でイベロアメリカ映画の鑑賞がおススメ。第15回を迎えるスペイン・ラテンアメリカの映画祭が開催されます。 @LBFF_2018 @tiff_site チケット予約と映画の詳細はこちら 👉… https://t.co/q25x9OAKj8
  • 09 nov @EmbEspJapon * #SomosEspaña 🇪🇸 #SomosPluralidad ➡️スペインは世界で最も地方分権化が顕著な国の1つ ➡️女性の社会参画・女性に対する公正さ・安全保障において模範的 ➡️他のEU各国と比べスペイン人は性別・人種・イ… https://t.co/chXohfEUR4
  • 08 nov @EmbEspJapon * スペインと日本の市民社会の繋がりを示す素晴らしい実例がスペイン科学者連盟(ACE/Japón)です。11月10日に互いの知識と経験の交流を図る初の交流会を開催。交流会の実施おめでとう。成功を祈ります。 Encuentro 'Aso… https://t.co/W2rlK6otS1

Destacados

  • Facebook de la Embajada de España en Tokio
  • Twitter de la Embajada de España en Tokio
  • Youtube de la Embajada de España en Tokio
  • TWITTER
  • FACEBOOK
  • YOUTUBE
  • FLICKR
  • Instagram
  • Twitter SpainMFA
  • BLOGS
  • ATLAS DE REDES SOCIALES
  • PARTICIPACIÓN CIUDADANA
  • Twitter
  • MAEUEC / Sede Palacio de Santa Cruz
    Plaza de la Provincia, 1
    28012 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • MAEUEC / Sede Palacio de Viana
    Duque de Rivas, 1
    28071 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • MAEUEC / Sede Torres Ágora
    Serrano Galvache, 26
    28033 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • AECID
    Avda. Reyes Católicos, 4
    28040 MADRID
    Tfno: 91 583 81 00 / 01
    Fax: 91 583 83 10 / 11
  • Dirección General de Españoles en el Exterior y de Asuntos Consulares
    C/ Pechuán, 1
    28002 MADRID
    Tfno: 91 379 17 00
Gobierno de España
©Ministerio de Asuntos Exteriores, Unión Europea y Cooperación
Portal gestionado por la Dirección General de Comunicación e Información Diplomática
Premio Ciudadanía 2016
Premio Ciudadanía 2016