「南蛮音楽」~イベリア半島から日本への音楽の旅~ 「ラ・フォリア」日本ツアー
30/04/2018
リコーダー奏者であるペドロ・ボネとベレン・ゴンサレス・カスターニョのデュオで演奏する「ラ・フォリア」日本ツアーが515日から21日まで開催されます。ツアー最終日の521日は、スペイン大使館にて午後6時からコンサートが行われます。
「南蛮音楽~イベリア半島から日本への音楽の旅~」と題したプログラムで、16 世紀から 18 世紀にかけての歴史的な楽器の複製である異なるタイプと音域の20本のリコーダーで演奏されます。
コンサート・イベント日程と会場:
·         2018 5 15 日(火)
聖フィリッポ教会 - 日本二十六聖人記念館
19: 00 コンサート
·         2018 5 17 日(木)
神戸女学院
11: 40 コンサート(講堂)
13: 20 マスター・クラス(合奏室)
·         2018 5 18 日(金)
京都市立芸術大学・講堂
18: 30 マスタークラス
19: 20 コンサート
·         2018 5 21 日(月)
駐日スペイン大使館、オーディトリウム
18: 00 コンサート
後援:スペイン教育文化スポーツ省文化対外協力推進課、スペイン分化活動公社(AC/E
奏者からのメッセージ:
1543 年に、台風のためポルトガルの商人たちが種子島に漂着し、初めて日本にヨーロッパ人が渡来しました。南方からやって来た外国人は「南蛮」と呼ばれ、また彼らとの交流を反映した芸術も同じく「南蛮」と呼ばれました。その交流は、島原の乱(1637 の後、鎖国令が発せられるまで、一世紀あまり続きました。鎖国から明治時代に至るまで、西洋との唯一の接点は、長崎の人工島・出島で例外的に活動を認められたオランダ商館のみとなりました。
「南蛮音楽」と題するこのプログラムは、15 世紀末以降スペイン人とポルトガル人が発見した東方航路に関わりのある楽曲を紹介します。マドリードでスペイン王兼ポルトガル王に、ローマで法王に謁見するために日本から派遣された二つの使節団も同じ海路を辿りました。天正遣欧使節1582-1590と慶長遣欧使節1613-1620には、イエズス会を始めとする諸会派の活発な存在がありました。その目的はキリスト教の布教で、イエズス会創設者の聖フランシスコ・ザビエルは 1549 年から 1551 年まで日本に在住しました。当初は布教が容認されていましたが、徳川幕府はこれを許さず、1639 年に鎖国されました。
スペイン人バエナの作品は1540 年にリスボンで発表されました。当時のポルトガル航路は、同地から日本に向かうルートで、天正遣欧使節も同じルートを逆航路で辿りました。この海路は大西洋を南に向かい、アフリカ最南端の喜望峰を周り、インド洋を
渡り、さらに東方へ向かった後、マラッカ海峡からシナ海に入って、要衝のマカオがある中国大陸にたどりつきました。
マドリード近郊エル・エスコリアルでスペイン国王を訪問した後、ローマへ向かう途中、天正使節はマントヴァ公国で歓待を受けます。ガストルディはこの宮廷に仕えた主要な音楽家です。イタリア人ロカテッリの楽曲は 1759 年のメキシコの手稿譜によります。ヌエバ・エスパーニャの首都であったメキシコ・シティはスペインルートの中心であり、第二の使節団、慶長遣欧使節がヨーロッパへ向かう経由地でした。船団はスペイン南部アンダルシアの沿岸から西へ、大西洋を渡りアメリカ大陸に向かいました。
アメリカ大陸に着くと陸路で移動、その後アカプルコからフィリピン諸島のマニラまで太平洋を横断しました。マニラは東方でのスペインの拠点であり、日本との交流の基地でもありました。ラモーと作者不詳(モンテビデオ港での女奴隷の解放を歌った〈ラ・アマブレ〉)およびコンパニョンの作品は、この航路でアフリカ沿岸からアメリカへ労働力として強制移動させられた奴隷の痛ましいドラマに結びついています。ブラヴェによってリコーダー二重奏に編曲された諸楽曲の作者であるデトゥーシュは、フランス国王ルイ14世がシャムのナーラーイ王に派遣した使節と共に 1686 年にタイを訪れました。当時、インド半島東岸のポンディシェリに、フランスは同国のインド会社の主要拠点の一つを置いていました。
ウィリアム・ハミルトン・バードは英国の音楽家で、土地の音楽家たちとインドの民衆音楽を収録し、イギリス人統治者ウォーレン・ヘイスティングスへの献辞を添えて現コルカタで発表しました。当時、ベンガル・アジア協会が設立され、また古典言語としてサンスクリットが学ばれ始めました。〈そよ風はさわやかAngin be dingin〉は、マレーの歌の題ですが、イギリス東インド会社の船長トーマス・フォレストがスマトラ北部アチェのスルタンの前で披露するために、1784 年にアルカンジェロ・コレッリの旋律に編曲したものです。同船長はミンダナオの王とデュオでメヌエットをよく演奏していたそうです。
賛美歌〈サン・ジュアンさまの歌〉は、日本のキリシタンに引き継がれたもので、キリスト教徒の殉教を扱い、その起源はイベリア半島からの布教の時代に遡ります。一方、〈さくら〉は日本の伝統的な歌で、桜が咲く春に思いを寄せます。ファン・エイクの〈戦い〉は戦闘が展開される様子を描写する器楽曲です。オランダがスペイン王国から独立する 2 年前、1646 年にアムステルダムで発表されました。島原の乱で勝利をあげ、日本からイベリア半島人を追放することに手を貸したオランダ砲兵隊を象徴するものともいえます。
1730 年代、ゲオルグ・フリードリヒ・ヘンデルが時計師チャールズ・クレイとロンドンで協力し、吹奏管を鳴らす仕掛けを作動させる音楽時計に音楽をつけ、それが東洋に輸出されました。中国では「シンソン(ツィンツォン)」として知られ、北京の故宮コレクションに「アポロ神殿」として知られる時計が保存されています。本日のプログラムの最後にその時計が奏でるいくつかの旋律をご紹介いたします。
 

Twitter@EmbEspJapon

  • 26 abr @EmbEspJapon * カチョポ(カツレツ) 牛肉薄切り2枚、ハモンセラーノ4枚、薄切りチーズ2枚、小麦粉、卵、パン粉、塩・コショウ、オリーブオイル 塩コショウした2枚の牛肉の間にハム、チーズを挟む。小麦粉、溶いた卵、パン粉に浸け油で揚げて完… https://t.co/xY5PqqUeWI
  • 26 abr @EmbEspJapon * RT @EUinJapan: 【#欧州留学フェア】 5月18日(土)大阪、5月19日(日)東京の日程で開催します!欧州十数カ国より80余りの高等教育機関が参加。欧州への留学に対する疑問や不安を一気に解決する絶好の機会です 👌詳細は @euryugaku で随時アップ中📝 #eh…
  • 26 abr @EmbEspJapon * 蜂 #abejas 🐝 が地上に存在しなければ地球#laTierraは相当なダメージを受けていたことでしょう。バイオディバーシティに感謝 https://t.co/sjIOWMlTvh
  • 25 abr @EmbEspJapon * 日本国内🇯🇵のチーズ市場は世界最大級の規模を誇ります。日本とEUが締結した経済連携協定#EPAのおかげで日本ではスペインのチーズが更に低価格で購入できるようになりました。 https://t.co/UPh9qCqbDi
  • 25 abr @EmbEspJapon * ガリシア風タコをいただきます! #BuenProvecho https://t.co/MSRUFCGjPR
  • 25 abr @EmbEspJapon * スペイン語は十世紀にラ・リオハ州のサン・ミジャン・デ・ラ・コゴジャで生まれた言語です。世界遺産でもあるスソ修道院とユソ修道院が起源の地と言われています。カスティーリャ語の最古の言葉がそこで発見されています。… https://t.co/RFEnAgeSL0
  • 24 abr @EmbEspJapon * スペインで最高ランクのサクランボを探すならカセレス地方のエル・バジェ・デル・ヘルテにありますよ。ちょうど今頃その花がステキに開花しています。🍒🍒🍒 #ValleDelJerte https://t.co/5IdIjMLtJd
  • 24 abr @EmbEspJapon * ウルグアイの詩人ビタレはスペインのアルカラ・デ・エナレス大学にてスペイン国王陛下より2018セルバンテス賞を授与されました。 同賞はスペイン語文学で最も権威ある賞。巨匠セルバンテスが亡くなった日に合わせ、毎年4月23日に授与式を… https://t.co/F2KIEaOK95
  • 24 abr @EmbEspJapon * ゲーム・オブ・スローンズ #GameofThrones の最新シーズンが始まりました。バスク地方の #Gaztelugatxe やナバラ地方のバルデナス・レアレスなど今シーズンにはスペインが舞台となっている場面が多く登場します。 https://t.co/UR3f5gGDIG
  • 23 abr @EmbEspJapon * イサベル・コイシェのHBO新シリーズ「Foodie Love」の撮影がバルセロナ🇪🇸、 フランス🇫🇷、ローマ🇮🇹、東京🇯🇵で始まりました #GlobalSpain https://t.co/FJoFfiGHxg
  • 23 abr @EmbEspJapon * ⚠️ #Elecciones #28A  a Cortes Generales y Corts de la Comunitat Valenciana Si resides permanente en el exterior (… https://t.co/B4vluk80MB
  • 23 abr @EmbEspJapon * 4月23日はカタルーニャとアラゴン両地方の守護聖人「サンジョルディの日」、「本の日」としても世界的に知られていますね。巨匠セルバンテスやシェイクスピアの没年にもあたります。カタルーニャ地方では、文化と愛の象徴としてこの日にバラの花… https://t.co/AgG8Xou9Bz
  • 23 abr @EmbEspJapon * スペイン🇪🇸 はバイオディバーシティそのもの。1万種以上の植物が存在、その内の6,500種は在来種、1,500が固有種なのです。@FBiodiversidad https://t.co/jF6kbU9RIp
  • 22 abr @EmbEspJapon * FCバルセローナ @fcbarcelona_jp は今夏 #Rakutencup でヴィッセル神戸と試合します。まもなくメッシ、ブスケツ、ピケやアルバらがイニエスタ@andresiniesta8 やビジャ.… https://t.co/x8y4Ef33HS
  • 22 abr @EmbEspJapon * #スリランカ での残忍なテロ事件による深いショックと悲しみの中#スペイン 政府はこの悲劇をもたらした暴力を非難し、被害者の家族、スリランカ当局及び国民の方々に心からの哀悼の意を表します。 https://t.co/URkMufQgSf

Destacados

  • Facebook de la Embajada de España en Tokio
  • Twitter de la Embajada de España en Tokio
  • Youtube de la Embajada de España en Tokio
  • Cuenta de Twitter del Ministerio en Inglés
  • Blog del Ministerio
  • ATLAS
  • Página de Participación Ciudadana
  • Página Portal de Transparencia
  • MAEUEC / Sede Palacio de Santa Cruz
    Plaza de la Provincia, 1
    28012 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • MAEUEC / Sede Palacio de Viana
    Duque de Rivas, 1
    28071 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • MAEUEC / Sede Torres Ágora
    Serrano Galvache, 26
    28033 MADRID
    Tfno: 91 379 97 00
  • AECID
    Avda. Reyes Católicos, 4
    28040 MADRID
    Tfno: 91 583 81 00 / 01
    Fax: 91 583 83 10 / 11
  • Dirección General de Españoles en el Exterior y de Asuntos Consulares
    C/ Pechuán, 1
    28002 MADRID
    Tfno: 91 379 17 00
Gobierno de España
©Ministerio de Asuntos Exteriores, Unión Europea y Cooperación
Portal gestionado por la Dirección General de Comunicación e Información Diplomática
Premio Ciudadanía 2016
Premio Ciudadanía 2016